リラクミンクリアの成分とは?徹底分析してみました!

 

リラクミンクリアは、1日の推奨摂取量である3粒中に、

セントジョーンズワート300mg、クワンソウ105mg、ギャバ60mg、トリプトファン60mg、エゾウコギエキス12mg、ビタミンB群は5種類で合計15mgが含まれています。

 

また、これらの有効成分が吸収しやすいよう、
日本人の体に合わせて開発されているのも理想的なポイントとなっています。

 

では、各成分について紹介していきます。

 

リラクミンクリアの主成分のひとつ目は「セントジョーンズワート」です

セントジョーンズワートは和名をセイヨウオトギリと呼んで、ヨーロッパ原産の多年草です。
以前からその薬効が知られ、様々な国で医療的に取り入れられてきたハーブです。

セントジョーンズワートの抽出物は現代医学において、
うつ病や不安障害の一般的医療処置として扱われています。

ドイツなどではひどくないうつ病に対し、通常抗うつ剤より広く処方されているそうです。
国内では薬事法上、薬効を謳わないのならは食品としてみなされ、ハーブとして広く出回っています。

セントジョーンズワートから抜き出された有効成分は、
脳内物質であるセロトニンの取り込みがくずされる、
すなわちセロトニンの濃度を濃くする働きがあると考えられています。

セロトニンは「抑制系の神経伝達物質」として、高ぶった心を鎮静化する作用があり、
ストレスをはじめ色々な原因から過敏になった神経を緩和してくれるため、
イライラやドキドキ、惑い、憂うつ感などを鎮静化する効果が期待できます。

しかし、セントジョーンズワートには他の薬とシナジー効果のあることが報告されているため、
お薬を服用中の方は医師や薬剤師と意見を伺った上で摂るのがお勧めです。

 

リラクミンクリアの主成分のふたつ目は「クワンソウ」です

「クワンソウ」は沖縄に自生するユリ科の多年草で、沖縄では以前から不眠症に効果があるとされ、
ニーブイグサ(眠り草という意味)と称されてきた植物です。

クワンソウを眠る前に口にすると自然に眠くなり、それでいて脳波を乱さない自然な熟睡がもたらされるといいます。

”近年の研究から、クワンソウには「オキシピナタニン」という 睡眠誘導成分が組み込まれていることが発見されました。

オキシピナタニンを与えたマウスのノンレム睡眠が従来のマウスより40分も上昇し、
このような効果はグリシンのなんと100倍にも達するといいます。

ノンレム睡眠(深い睡眠)が増すことで朝起きた時の眠気が改善し、体の疲労感がスッキリとれ、 夜中に何度も目醒めてしまう途中覚醒を減らす効果が期待できます。
 

 

リラクミンクリアの主成分の三つ目は「ギャバ」です

”ギャバは脳内で「抑制系」の神経伝達物質として作用し、
「興奮系」であるドーパミンやノルアドレナリンを抑えるように作用します。

 

ドーパミンなど興奮系の脳内物質は、適正量であれば心地良く、 元気ややる気が満ちあふれますが、
これが度が過ぎると、イライラや攻撃性が増し、どんなときもリラックスできなくなってしまいます。

 

ギャバは抑制系の脳内物質として興奮した神経を抑制し、メンタリティを抑え、
脳をリラックスさせてくれます。

ギャバ(Gamma Amino Butyric Acid)は「γ-アミノ酪酸」という非必須アミノ酸のひとつで、 自然界に広く存在する物質です。

英語の頭文字をとってGABA(ギャバ)と言われていてます。

ギャバは自然界の動植物に広く存在しますが、人の脳や脊髄などに「神経伝達物質」として本来存在する物質とも言えます。

ギャバにはイラついたり冷静でいられない気持ちを抑制する作用があります。

リラクミンクリアの主成分の4つ目は「トリプトファン」です

トリプトファンはセロトニンを作る成分として評判の必須アミノ酸です。
体内では合成されないため、必ず外部より食べ物やサプリメントなどで摂り込む必要があります。

セロトニンは脳内神経伝達物質の一つで、別名「幸せホルモン」とも言います。
セロトニンがちゃんと分泌されているとフラストレーションや緊張、困惑、憂うつ感などが安らぎ、
感情が安定します。

この私達にとって大切なセロトニンは、体の中で合成されている成分であるため、
体内でセロトニンが合成されるためには、その原材料であるトリプトファンの存在がなくてはなりません。

トリプトファンは体内にいます物質ですが、その分泌量が低減すると イラついたり、気持ちが迷ったりすることがあります。

休息したい時にはトリプトファンを十分に補うことが大切だと考えます。

 

リラクミンクリアの主成分の5つ目は「エゾウコギエキス」です

「エゾウコギ」はウコギ科の落葉低木で、国内の北海道に生えていることからエゾウコギと呼ばれ、
根と皮が薬用として用いられる薬用植物です。

昔からアイヌ族が民間薬として使ってきた歴史があり、 滋養強壮に効果がある他、抗ストレス効用やうつ病にも効き目があるとされています。

1980年のモスクワオリンピックでソ連の選手団がエゾウコギを使っていたことから 一躍流行しました。

別名「シベリア人参」ともいわれ、そのパワーは朝鮮人参よりも高いとも言われ、 世界的にも注目を集める成分で、心と体をはつらつと元気にしてくれます。

さらに5種類の「ビタミンB群」を加えています

ビタミンB群は心と体のバランスを整え、テンションを落ち着かせたり、 朝夕のサイクルを整える作用があり、精神面での健康をサポートしてくれる成分です。

健康には外すことのできない成分ですが、 いつもの食事からはどうにも摂取しきれないため、意識的に摂取することが大切です。